未成年でもクレジットカードって作れるの?作る時に必要なものとは?

- 未成年でもクレジットカードって作れるの?作る時に必要なものとは?

未成年でもクレジットカードって作れるの?作る時に必要なものとは?

未成年だとクレジットカードが作れないケースが多い

一部の例外を除き、未成年の場合はクレジットカードを作ることができないのが一般的です。これは仕事をしていないと借りたお金を返すことが難しいからです。また、法律上の制限もあるため20歳以上にならないと作れないような仕組みを用意している企業が多いためです。
一部企業では20歳未満でもカードが作れる仕組みがありますが、高校生など学生でないことが求められます。アルバイトなど安定収入があるか、結婚していれば家族名義でカードを作成し、家族カードを申し込むなど工夫をすればもてるケースもあるのです。

楽天カードは18歳以上であればカードを作れる

cards-image
楽天カードは18歳以上で高校生でなければカードの申請が可能となっています。中卒から働いている場合や早くに学校をやめて結婚した場合に作りやすいカードで、年齢制限が緩いことが大きな魅力になっています。パートやアルバイトなど、収入が少ない状態でも最低限度額なら作れる可能性が高まります。必要な書類は運転免許証などの公的な書類のコピーで、携帯やスマホで撮った画像をインターネット経由で転送し契約することも可能です。親権者の同意が必要になることもあるため確認が必要です。収入の確認に関しては在籍確認のみで済むケースも多く、証明書類が必要ない場合もあります。
ただし、借入限度額を高めに設定した場合は源泉聴取表などの書類が必要になることもあるため注意が必要です。より確実に発行したいなら最低限度額で申請を行い、カードが発行されてから上限額をあげる手続きをとる方法もあります。

保護者の同意が必要になることが一般的

大学生など学生向けのカードも多く生まれており、収入が無くても発行が可能な物も生まれています。ポイントになるのは保護者の同意と収入です。学生カードの場合は学生本人の支払い能力ではなく親の支払い能力を基準にカードの発行の可否が決まります。また、親権者の同意がなければカード自体を発行できないのも特徴です。親の同意書を用意した上で一定以上の支払い能力が担保されないと発行基準を満たさなくなるのです。
返済が必要な奨学金やローンがある場合は負債としてカウントされ、審査に落ちる可能性もあるため注意が必要です。

家族カードとして発行する方法もある

すでに特定のクレジットカードを持っている親がいる場合、家族カードとしてクレジットカードを発行することも可能です。この場合は親などのカード所持者が所得の証明や同意書などを提出の上で手続きを行うことになります。この場合も家族の返済能力によってカードの発行の可否が決まるため、定職についていないなど安定収入が見込めない場合は不利になります。逆にパートやアルバイトであっても収入があれば申請は通りやすくなります。
親の借入額の大きさによっても審査結果が左右されることも覚えておきたいポイントです。
ただ未成年本人の審査は無いため、そこは安心しても良いです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 初めての方でも安心!クレジットカードの現金化のポイントを紹介! All Rights Reserved.